子どもの日、日本の子供人口は残念ながら減少続き

子どもの日、日本の子供人口は残念ながら減少続き

CFネッツの山口です。

ランキング下降中!皆さんの一票が私のビタミン(笑)
応援のポチッとよろしくお願いします。

昨日は、子どもの日でしたが家族はゴールデンウィークで嫁の実家へ。

私はお留守番でしたが、世界卓球女子の団体決勝があったので寂しくない( ノД`)シクシク…
(よく頑張ったけど、中国とはまだ力の差がありますね。次回こそリベンジを)

ということで、人口減少、高齢化の日本の現状を再確認することになる、子供の日恒例となっている、総務省の日本の子供の人口発表。

今年も17万人減り、37年連続減少の1553万人。

日本の総人口を1億1千万人とすると14%程度。

この流れは止まることは無さそうで、将来を担う若い世代が増えていかないのは残念ですがこればかりは仕方ないところ。

出生率を増やすための政策など色々と政府も考えているようですが、一番の問題は結婚して家庭を持つことの価値観が失われていることなのかなと思っています。

価値観の多様化している時代なので、何が正解かはわかりません。

私も偶然良い相手が見つかりましたが、独身でもいいかなと思っておりました。

日本の場合は、どちらかということこれまで島国で単一民族的なところがありましたし、これからも出来ればそうあってほしいと思っています。

しかし、人口減少に伴い、今の国の規模やサービスなどを維持するには他国からの移民の受け入れなどしないと持たないだろうと感じています。

人口減少して日本国家を維持することができるのかと考えると結構ヤバいところまで来ているのかなと思いますね。