シーエフネッツが仲介に徹する理由

シーエフネッツが仲介に徹する理由

CFネッツの山口です。

493c1b384a6cbe3c1199225dcc558e57_s

いつも読んでいただきありがとうございます。


最近、買取再販していた業者さんから退職したというメールを多くいただきます。

会社が無くなったり、事業部を閉鎖したりと今回のスルガ問題の影響を大きく受けているようです。

ここ数年は、結構買取再販、特に三為契約は盛んに行われていましたが、スルガ問題でこの業態は収益物件に関しては特に厳しくなったと言えます。

三為業者は、売主→三為業者→買主という形で、三為業者は登記を入れない、いわゆる中間省略することで利益を乗せて転売して差益を儲けとします。

差益が儲けなので、いかに物件を高く買ってもらうかが大事で、そのために、レントロールの改ざんや二重契約などの不正を行っていたのが発覚したのが今回のスルガ問題です。

しかし、三為業者の案件がすべてダメだというわけではなく、買主が適正な価格で買えていれば問題はないわけです。

現に、良い物件であれば、私も仕入れることもあります。

とは言え、業者が儲けるということは、売主、買主共に損をしているということなんです。

シーエフネッツでは、基本的には、自社で買い取って再販というのはやってません。

当社が仲介に徹するのは、物件の売買で利益を上げるのではなく、物件の購入に関してはお客様に出来る限り収益の上がる物件を購入してもらいたいからです。

その代わり弊社で管理させてもらって管理手数料をいただくことで、両者ウインウインの関係が築けるという考え方なんですね。

私も入社当時は、物件を確保するために自社で買取もあってもいいのかなと思っておりましたし、一時的に儲けたいのであれば簡単に儲けを出すことは可能です。

しかし、それをやるとお客様との信頼関係は一瞬で崩れてしまいますし、地道に良い物件を買ってもらうこと、それが結果として弊社のやり方はお客様の為になっているんかなと。

こういった情勢になると改めて思いますね。

今後もカスタマーフォーカスで頑張っていきたいなと思ってます。

♬ブログランキング参加中♬

皆様のワンクリックで順位が変動します。 ご協力お願いします!

 

弊社代表倉橋の生い立ち、考え方をまとめた、この1冊

「 教訓。」 発売中です。