最近、梯子を外された業者が困っているようです。

最近、梯子を外された業者が困っているようです。

皆様、こんにちは

シーエフネッツ大阪支社 北村です。

2018年もあと1カ月と1年あっという間ですね。

今年は不動産業界では潮目になるのではないかと言われている年だけにあり、今まで荒稼ぎしていた業者たちが一気に撤退しているそうです。

別に不動産価格が下がったわけではないのですが、今まで2重契約など怪しいことを行い、売り上げを上げていた業者たちが、ここ最近のスルガ銀行の影響で同じ手法が使えなくなり、その結果融資付けがうまくいかず売れなくなった模様です。

 

そのしわ寄せが最近、増えてきたなとそんな肌感があります。

中間省略スキームや買い取り再販型スキームの利用している業者たちは、安く買い、そこに利益を乗せて高くエンドユーザーに売ると。

今までは融資付けも問題なかったため、問題なく転売出来ていたようですがここ最近はそう簡単に転売出来ないことが増えてきたそうです。

 

最近も、11月末までに売れないと自社で買い取らなければならず、なんとか売り切るため仕入れ値より安く、水面下で売り情報が出回ってきました。

ただ、仕入れ値が2500万円くらいですが、その他の買い取り業者の買取希望価格はなんと、2200万円くらい。
おしいのが、あと1ヵ月期間があれば2500万円でも買い取ってくれる可能性が高かったのですが、もう2週間しかないので現金で購入するしかできず(買い取り業者も融資特約なしだが、融資を利用するケースが多いです)、買い取る会社も少なくなり、おそらくこのままでは仕入れ業者が買い取るか、違約解除(違約金500万円払って解約)するしかないのでしょうね・・・。

弊社の場合は基本的に仲介のため、こういった時代には強いです。
自社で買い取らない分、在庫を抱えることがなく、期限に追われて無理矢理営業することもありません。

不動産投資と同じで、自社で買い取り転売する方が儲かるかもしれませんが、その分リスクもあると。
ハイリスク・ハイリターンの関係ってことですね。

これからの時代、こういった案件が増えてくるのでキャッシュを持っている方や先日、社長がブログでも書いていましたが共同担保があるオーナーさんはこういった時に安く買えるチャンスがくるかもしれません。

また良い情報が入れば、ご紹介させてもらいます!

 

 

 

 

 

♬ブログランキング参加中♬

皆様のワンクリックで順位が変動します。 ご協力お願いします!

 

弊社代表倉橋の生い立ち、考え方をまとめた、この1冊

「 教訓。」 発売中です。