投資家様のスタンスもそれぞれですが、リスク取りすぎるのはやはり怖いですね。

投資家様のスタンスもそれぞれですが、リスク取りすぎるのはやはり怖いですね。

CFネッツの山口です。

いつも読んでいただきありがとうございます。

シノケンやTATERUといった大手でも2重契約や顧客情報の不正が起こるなど、ここ数年の不動産投資ブームで市場にゆがみが出てきているように思います。

セミナーや個別相談などをさせていただく中で、多くの投資家様とお話する機会をいただきますが、皆さん基本的には資産を増やしたいという部分は同じですが、しかし、それぞれの目標やご年齢、属性などによって投資スタンスも違います。

中でも、収益性を高めたいということで、やはり利回りを重視て買われる投資家様も多く、個別相談で、メガ大家を目指しているという投資家様の所有物件を見せていただくと。利回りは確かにいいけど狭小物件であったり、立地が良くない、地方物件などチョットリスクの高い投資をされているケースもあります。

物件価格が上がってきている昨今なので、正直、収益性が大きく確保できる物件というのは少なくなってきており、投資妙味に欠けるという考えの方も増えているのは事実。

リスクの取り方も色々あり、同じ物件を購入するにしても、我々プロであればそのリスクが許容できる範囲でも、一般の投資家様にはそれはチョットリスク高いのではというケースもあります。

その辺りを踏まえた上で、私の場合は、収益性よりも資産形成にプラスになる物件、将来的にも競合と闘え、資産価値が落ちにくい物件をご紹介しています。

不動産投資は、出口を出て初めて収益が確定する投資であり、時間をかけて行うことでリスクを抑えることが出来るので、じっくりと資産を形成するのに向いているわけです。

年齢の部分で時間がないケースもあり、確かに短期間で少しでも利益を上げたいという気持ちもわかるのですが、それでも最終的に資産を作れるのは堅実な投資しかありません。

シノケンやTATERUが2重契約をしてまで売ろうとする物件が本当にそういった資産形成に役立つ物件なのか?(すべての物件がそうというわけではないと思いますが…)

買えるとなると熱くなってしまうのが人間。

私もその気持ちはよくわかりますが、購入前にもう一度冷静になって、この物件は自分の資産形成にプラスになるのかを問うてみてください。

不動産投資も投資ですからリスクが無いとは言いませんが、リスクのコントロールが出来るのが不動産投資の良いところ。

ただし、リスクを取り過ぎて許容範囲を越えてしまうようでは、投資ではなくそれはもう投機と言えます。

どちらか悩むようであれば、私にご相談いただけますと投資分析した上で購入した方がよいかアドバイスさせていただきます。

融資が厳しいと言われる状況ですが、営業マンに焦せらされて買ってはダメですよ!

♬ブログランキング参加中♬

皆様のワンクリックで順位が変動します。 ご協力お願いします!

 

弊社代表倉橋の生い立ち、考え方をまとめた、この1冊

「 教訓。」 発売中です。