TATERUに続いてシノケンでも2重契約?業界内のモラルハザードは嘆かわしいことです。

TATERUに続いてシノケンでも2重契約?業界内のモラルハザードは嘆かわしいことです。

CFネッツの山口です。

422a2268e110a28c3ece0b7bb65c6bf5_s

いつも読んでいただきありがとうございます。


TATERUに続いて大手のシノケンでも2重契約の疑いがあるということで週刊誌で掲載されており、事の真偽は現時点ではわかりませんが、不動産業界内でこういった2重契約など不正行為が横行しているんですね。

不動産業界の健全化を目指して頑張っている我社としては悲しい限りです。

シノケン側も週刊誌に対して厳重注意をということですが、動向を見極める必要があります。

不動産会社が2重契約をする理由としては、やはり自己資金の無い人や自己資金を出したくない人に買ってもらうために行うわけです。

本来買えない人が買えるということで購入できた人はラッキーに思っているかもしれませんが、運営が厳しくなると通常の不動産投資よりもリスクは高くなります。

2重契約で本来よりも多くの融資を引くことで、諸経費なども借りれることになるわけですが、そのためには物件の評価を高く出してもらう必要があり、レントロールの改ざんや想定賃料の水増しなどが行われるケースが多いです。

そのため、実際に運用すると賃料は下がりますが、ローンの返済金額は変わりませんのでこの時点で結構苦しい運営に。

上手く回っていれば持ちこたえることも出来ますが、空室が1室でも出ると一気に経営は悪化し、最悪は持出が必要になるケースもあります。

そうなる元々自己資金がないわけで、年収も低く余裕資金もないとなれば売らないといけなくなるんですが、ここからが大変なんですね。

フルローンを組んでいるで、数年程度であれば元金の返済はほとんど進んでおらず、家賃は当初予定よりも低い訳ですから収益還元で考えると物件価格は当然下がります。

そうなると売値よりローン残債の方が多くなってしまい、売るに売れない状態に。

色々な理由で不動産投資を始めたい考える方は多いと思いますが、無理をして買うということは、こういったリスクがあるということを認識しておかないといけないということです。

我社では少しでも不動産業界を健全化することを目指して営業活動を行っており、業界内でもそういった考えの不動産業者が増えていますが、不動産業界全体で見るとマダマダ顧客よりも利益優先といった会社が多いです。

結果的上手くいく場合もあるとは思うのですが、長い目で見ると痛い目を見る人の方が多い。

やはり、不動産投資は、身の丈に合った投資をコツコツ行っていくのが王道だなと改めて思います。

 

♬ブログランキング参加中♬

皆様のワンクリックで順位が変動します。 ご協力お願いします!

 

弊社代表倉橋の生い立ち、考え方をまとめた、この1冊

「 教訓。」 発売中です。