最近大阪物件ばかり仕入れていたので、久しぶりに東京物件下見に行くと…

最近大阪物件ばかり仕入れていたので、久しぶりに東京物件下見に行くと…

CFネッツの山口です。

IMG_0077

昨日は、東京へ出張に行っておりました。

朝一から新宿で金銭消費貸借契約を終え、その後先日契約してもらった物件の下見で板橋区へ。

新宿から巣鴨で乗り換えて都営三田線で現地まで行ったのですが、巣鴨初めてだったので取りあえず街の写真をパシャリ。

JR山手線沿線の駅前は、大きな駅は別として、どこもそれなりの町でお店も多く、やっぱり東京やなあと思うのですが、この巣鴨界隈は大塚、日暮里など東京都内でもディープなエリア。

時間があれば散策したかったのですが、予定が詰まっていたので又の機会に。

IMG_0103
(インスタに上げたら、ことのほか焼肉屋さんからいいねがきてびっくり)

物件の最寄り駅には、プロレスラーご用達と書いた焼き肉屋が。

まだ空いてませんでしたが、このポーズ、プロレスファンでなくても知ってますよね。

流石に、一人だったので顔は入れませんでしたが(笑)

今回の下見に行った物件は中が見れたので、内覧したのですが、最近大阪の広めの物件ばかり下見してたので、「おー、東京の物件ってこんなんやったっけー」と思いながら、企画の違いに戸惑う私。

IMG_0099

東京の場合は、やはり土地が高いので、いかにコンパクトにまとめて、機能的に使えるかが重要視されています。

又、大阪の人が見て、「えーっ!」という部分はベランダがないこと。

大阪だと敷地に余裕があるので、結構広いベランダが取れますが、東京のアパートだとベランダを付けることで建築面積が減ってしまうので、部屋の広さを取る為にベランダはカットされることが多いです。

同じ価格帯の大阪物件の水回りはこんな感じ。

DSCN1964

独立洗面台も大きく、室内洗濯機置き場もゆったり、東京だったらユニットバス内に洗面台の物件もまだまだ多いですね。

DSCN1966

お風呂もファミリー並みに大きいです。

DSCN1957

などなど、やはりエリアによって物件の企画は大きく違います。

大阪でも色々な物件を見ますが、コンセプトを重視し設備などに費用が掛かり過ぎて設定家賃が高くない?というのもあります。(そー言えば、あの売主の物件いよいよ仲介業者から情報が回ってきてたな)

重要なのは、「設定した家賃で賃貸需要があるか」「その企画で今後も戦えるのか」といった部分だと思います。

普通の不動産会社だと中々大阪の人間が東京の物件を見に行くこともないでしょうから、貴重な体験をさせていただいており、これは私自身の強みにもなっていると思います。

今年もあとわずかとなりましたが、西へ東へガンガン動き回りたいと思います。

 

♬ブログランキング参加中♬

皆様のワンクリックで順位が変動します。 ご協力お願いします!

 

弊社代表倉橋の生い立ち、考え方をまとめた、この1冊

「 教訓。」 発売中です。