私はTATEませんよ!

私はTATEませんよ!

こんにちは!
CFネッツの河崎です。

またこんなニュースですね・・・迷惑極まりない。

「第二のスルガ問題」か…急成長「TATERU」書類改ざん

私たちは普段より、個別相談を行ったり、金融機関の方とお話しする機会が多いですので
なんとなく次はどこが燃えそうなんてネタが転がってきます。

この会社も話しの中であがってきておりましたね。
やっぱり急成長をしている会社はおかしいですよ、何かしらあると思った方がいいです。
まぁ不動産投資と言うものに需要がある中で、それを使って儲けようとしている
銭ゲバ会社はそこそこの数はありますよ、それをどう見抜くかが重要ですね。

何を隠そう私も資料を取り寄せた事がありますが、
なんせ追客がしつこい!!

もう電話してくるなと言っているのに何度もかかってきます。
これもポイントですね。
追客とお伺いの電話は紙一重ですが、明らかに迷惑がっている人に対してガンガン電話をかけてくるのは違うでしょう、しかも電話を出なければ色んな電話番号でかけてきましたよ・・・。

そもそも論として建売直販会社は怪しいですよ、まず疑ってかからないと大怪我します。
自社で建てて売ると言う事は、売上げのバランスを自由に決めれると言う事です。
直販で買うと言う事は利益相反関係の方から買うと言う事なんで、
相手の言う通りに動くと相手を儲けさせるだけですよ。
つまり販売会社が儲ければ買主様は損をしますし、
買主様が得をすれば販売会社の利益幅が薄くなるだけです。

収益物件に限っては賃料も自由に決めて、想定利回りも自由に決められます。
と、言う事は売値が適正かどうかを勝手に決めるのも販売業者です。
ここ最近でも問題を起こしているのは自社供給がメインの会社でしょ?
全てが全てダメだとは言いませんが、自社で投資用物件を供給しているところは
必ず怪しんでください。

AIだなんだと言っても製作者や利用者のバイアスは少なからずかかります、
どのデータにフォーカスするか、何からデータを引っ張ってくるかによって結果は違いますからね。

前回のかぼちゃショックからTATERUの改ざん、、、これはまだまだ氷山の一角ですよ。

同じようなスキームでガンガン建ててる会社、あるでしょう??
〇〇〇〇さんですよ〇〇〇〇さん!
残高改竄しているかは知りませんが二重契約の疑いがある資料を見たことがありますよ。

感覚的な話しですが不動産投資を行う方は
「投資家」であって「消費者」ではありません。
自身を守る為、正しい事を行っている会社かどうかの判断をちゃんとしてください。

このせいでまた融資に影響が出るかもしれませんね、嘘会社が淘汰されるのは歓迎ですが
投資家マインドの低下でマーケットが縮小するのはなんとも寂しい話です。

 

 

♬ブログランキング参加中♬

皆様のワンクリックで順位が変動します。 ご協力お願いします!

 

弊社代表倉橋の生い立ち、考え方をまとめた、この1冊

「 教訓。」 発売中です。