下見を兼ねてオーナーさんの民泊物件を内覧へ。

下見を兼ねてオーナーさんの民泊物件を内覧へ。

CFネッツの山口です。

IMG_4090


大阪では、民泊するには、特区民泊、民泊新法、簡易宿泊所といった方法がありますが、やはり特区民泊が有利。

やはり、180日以内といった条件面で縛りがなく、大阪で民泊をするなら特区民泊と皆さん口を揃えておっしゃいます。

そんな中、弊社でアパートを管理させていただいているオーナーさんから民泊物件のお披露目会をやるので是非立ち寄ってくださいとお声がけいただき、下見の合間に勉強させてもらいに大阪支社スタッフで押しかけました。

今回は、港区の一棟の4階建て鉄骨マンションを購入。

築年数は35年くらいとのことでした。

特区民泊として申請し、今回は消防法上の自火報の設置をしなくてもいいということで2階のみを民泊物件として改装したとのこと。

改装費用も結構かけたということで、オシャレなホテルの一室みたいな仕上がりになっています。

IMG_4093

間取りからバストイレ別、洗面所を別にしたかったので、最終的にはシャワールームを採用されたようです。

IMG_4084

キッチンも入れ替えていましたが、コンロは卓上コンロで充分とのこと。

IMG_4087

今回は、もともと2DKを1ルームへの間取り変更で多分40㎡弱の部屋で、1泊一人7000円~8000円の料金設定とのことです。

運営業者さんもご紹介いただきましたが、物件を探すところはやってくれないので、まずは自分で物件を探して、それ以降の運営については相談という感じ。

現状、弊社でも一部三崎で古家を改装して簡易宿泊所などでを行っていますが、大阪の不動産投資ではやはり民泊は避けては通れないところなので色々と勉強させていただいております。

中々、弊社で商品化するのは今のところ難しいですが、ノウハウ的な部分ではお手伝いできるようになれればと思っております。

 

♬ブログランキング参加中♬

皆様のワンクリックで順位が変動します。 ご協力お願いします!

 

弊社代表倉橋の生い立ち、考え方をまとめた、この1冊

「 教訓。」 発売中です。