金融機関の見方がスルガ銀行問題で少し変わってきていますね。

金融機関の見方がスルガ銀行問題で少し変わってきていますね。

CFネッツの山口です。

2fd5fc65e03baf4224fe0648420ba1f1_s


最近、皆さんのお話を聞いていると、

スルガ銀行の不正融資問題を受けて、金融機関の見方はやはり変わってきています。

私も地銀の某支店の担当さんとお話する機会があり、その辺状況を伺っていると新築アパートについては劣化等級取得すれば融資期間が優遇されるといった条件はこれまでと変わりませんが、特に中古物件の耐用年数は厳しく見られそうです。

これまでは、中古物件、特にRCについてはスルガ銀行が耐用年数を越えても、金利を高いけど長期で貸し出すことで融資を行ってきました。

しかし、今回スルガ銀行が融資が出来なくなったことで、地方の一棟RCマンションは出口を失くなったと言えます。

やはり、各銀行もそういった物件には、今後融資をしてくれなくなり、融資をするにしてもリスクを抑えるため耐用年数よりも短い期間の融資となるとのことです。

そうなると中々運用中のキャッシュフローは得ることができず、運用が難しくなります。

又、新規のサラリーマン大家さん向けには、融資を行わないといった方針の金融機関も増えているようです。

我々が今お付き合いしている金融機関ではまだそういったお話は聞いてませんが…

いずれにしても、不動産投資が出来る人の間口は今後減っていくことが予想されますので、現状不動産投資を行っている方は、やはり、収益を安定させ、融資を受けやすい環境づくりは欠かせなくなります。

(一部では不動産価格が下がっているという話も出てきていますが、都心部はそうでもない感じです。)

 

♬ブログランキング参加中♬

皆様のワンクリックで順位が変動します。 ご協力お願いします!

 

弊社代表倉橋の生い立ち、考え方をまとめた、この1冊

「 教訓。」 発売中です。