【個別相談日記】まだまだ多い新築ワンルーム購入後のご相談

【個別相談日記】まだまだ多い新築ワンルーム購入後のご相談

CFネッツの山口です。

2313ceb8e2e31f2b306d33ec0e9605ed_s


日本人の新築信仰は未だ衰えず。

私も賃貸借りるときは新築がいいなあ~なんて思っていましたが、実際にマイホームを買うとなると中古買ってリノベした方がいいなと思い、今の自宅を買いました。

確かに新築のあの匂いは何か特別な感じがしますし、人が使っていないところに住むというのは気持ちがいいものです。

不動産投資を始める方も、新築だったら入居付け困らないからいいでしょという声も当然多いです。

大阪ではP社やS社など大手デベロッパーが未だにガンガン新築ワンルームを建築しており、そろそろワンルーム規制を強化しないといけないのでは?とも感じています。

新築、特にワンルームの収益物件については、大阪支社の責任者でもある山内が業界のタブーに敢えて言及した「不動産投資の真実」でも書かれてますが、メリットもある反面、投資としては厳しいケースが多いです。

唯一、東京の好立地物件に関しては、情勢もあり高く売れて出口を取れたケースがありましたが、それ以外は損切して手出しをしないとほとんどが出口を取れない状態。

お金の流れで見ると下記のようになります。

201808061035_0001

よく新築ワンルームの営業マンが「毎月1万円くらいの支払いで不動産オーナーになれますよ」というのが、運用期間中マイナスの状態。

中古の区分やアパートだと同じように運用期間中はマイナスでも、家賃の下落も少ないので物件価格が下がりにくいので、元本返済分が売却時に現金化されるイメージになります。

しかし、新築ワンルームの場合は、売却時も家賃下落と新築プレミア価格分のマイナスがあり、大きく値下がりしてしまいます。

となると、新築ワンルームはどこで儲けるの?というお話になるわけです。

しかし、「1万円でオーナーに」「生命保険代わりに」「返済が終われば年金代わりに」など耳障りのよいセールストークでこういった現実を知らされないまま購入されている方が多いのが現実です。

新築ワンルームを買われた方の多くが、家族に内緒、友人や会社の人に相談できる人がいないという状況で他に判断材料がなかったというお話も。

不動産投資は、入口が肝心で、最初にこういった収益の上がらない物件を買ってしまうと取り返すのに時間が掛かってしまったり、損切して強制退場させられることになります。

年収500万以上あれば融資も組め、新築ワンルームだと3戸くらい買えてしまいます。
しかし、3戸以上買ってしまうと最悪自己破産しないといけないケースも。

最近では、不動産投資の基礎をきちんと書いている良書も多く、手前みそですが弊社の著書を読んでいただくと不動産投資の仕組みを理解していただけると思います。

まずは、物件を購入する前に不動産投資の勉強をしてもらいたいですね。

不動産投資をするなら100冊くらいの本を読めなんて言われますが、最低でも内容の違う本を10冊くらいは読んで欲しいです。

後は、弊社のセミナーに来ていただけると基礎から学んでいただけます。

ということで、特に始めて購入される方は、自分ひとりで判断するのではなく、収益物件を買う前には専門家に相談してください。

ここからは営業です(笑)

今、物件の購入を検討しているという方、我社にご相談ください。

その物件を購入するべきか、辞めるべきか、投資分析や市場分析などを行い、客観的な目線で評価させていただきます。

是非ご相談くださいませ。

個別相談随時受け付けております。
シーエフネッツ大阪支社 tel 06-7670-1001 まで。

 

クリック、お願いします!