中国人営業マンのぼやき「民泊禁止になった区分が売れない~」

中国人営業マンのぼやき「民泊禁止になった区分が売れない~」

CFネッツの山口です。

皆様おかげ様でランキングが少しづつ上がってまいりました。

引き続き応援のポチをよろしくお願いします。

先日、以前売却の際にお世話になった中国人の営業マンから別件で連絡があり色々と情報交換。

この中国人の営業マンは、香港など中国の顧客向けに仲介をしている会社で、前に民泊可能な区分マンションが約3倍くらいに値上がりした物件を購入してくれた業者。

中国人投資家の間では民泊で盛り上がっていたので、その時には民泊可の区分が本当に高値で売れたらしいのですが、今回の民泊新法のおかげで闇民泊が禁止になり、25㎡以下の物件は特区民泊の申請も出来ず軒並み価格が下がって売れなくなったとのこと

その代わりに民泊が可能な戸建が今は人気だという話で、物件がないので中々売り上げが上がらない状態のようです。

私の方は、いや~いいタイミングで売ってもらったなと思いながら、大阪は海外投資家からも利回りの高い民泊物件に注目が集まっているようです。

今、懇意にしている業者さんが民泊の運営を始め、将来的にサブリースも検討しているということで、新たな投資物件として注目しています。

ただ、住居と比べて将来的需要が亡くなってしまうリスクもあり、もう少し検証が必要かなと思っております。

なんだかんだ言っても大阪は民泊なんかなあ~

 

ブログランキング参加中!
クリック、宜しくお願いします。

♬ブログランキング参加中♬

皆様のワンクリックで順位が変動します。 ご協力お願いします!

 

弊社代表倉橋の生い立ち、考え方をまとめた、この1冊

「 教訓。」 発売中です。