3為業者撤退の影響か? 水面下の情報量が増えてきました。

3為業者撤退の影響か? 水面下の情報量が増えてきました。

皆様、こんにちは
大阪支社 北村です。

タイトルが過激になりすぎないように考えてみましたが、シンプルにタイトル通り。
最近、元々付き合いがあった業者からの水面下情報が増えてきました。

ここ数年前から不動産価格が急上昇し始めた頃、物件情報は頂いていましたが、当社基準で査定額を出しても他社(3為業者)の提示する金額の方が高いため、その結果成約に至らないことが増えはじめ、当社より3為業者の方が高く買ってくれるため、徐々に情報数自体少なくなった経緯がありました。

それが、最近話題のかぼちゃの馬車問題以降、3為業者の数が減った影響か、また水面下情報が増えてきたのです。

決して、当社の基準が厳しいとかではなく、不動産投資ブームに乗っかった素人や海外投資家に相場を度外視した金額で売りつけるため、当社の提示した金額より高く売れるようでした。

今月当たりからまた水面下の情報が増え始めた感じはあります。
実際、今月に契約する物件は水面下物件ばかりで、今まで買い取り業者が買い取りしていた額そのままでご紹介しているため、市場価格の2割ほど安く、購入頂いているのではないでしょうか。

これをきっかけに不動産全体の価格が下がるというわけではありませんが、健全な相場に戻りつつあるのではないかと予想しています。

たまたま今月が多かっただけかもしれませんが、今後もアンテナを張っていい物件を仕入れますのでご紹介を待ってもらっている方々、もうしばらくお待ちいただければと思います。