融資が渋いというお話も多いですが、金融機関の会社訪問が増えてます

融資が渋いというお話も多いですが、金融機関の会社訪問が増えてます

CFネッツの山口です。

色々な金融機関さんと日々お話をしますが、やはり一部の銀行を除いては、かなり間口が狭くなっているのを感じます。

特に最近は、購入後に手許金がどれくらい残るのかということを重視する金融機関が多く、やはり現金の手持ちがないと融資が受けにくい状況にあります。

自己資金をお持ちの方は、良い物件や有利な融資条件などチャンスを手にする機会が増えそうです。

そんな中、地方銀行や信用金庫の営業マンの方から、電話や直接飛び込み営業される機会が増えています。

特に、地方銀行や信用金庫の中でも、不動産投資に注力していたところが多いようです。

原因は、利回りの低下によって収益が下がっているので、返済比率が高まってしまい融資ができないというケースが増えているようで、融資件数が減っているので裾野を広げるために不動産会社に飛び込み営業で回っているとのことでした。

中には、支店長自ら飛び込み営業されている金融機関も。

ただ、利益を上げるという部分では、投信や保険の販売手数料の方がリスクも少なく比率が上がってきているというお話で、金融機関のメインはやはり融資ですが、低金利で利ザヤが取れない状況は続いているようでどこも厳しい感じです。

なら、その金融機関紹介してよと言われそうですが、金利や融資期間などチョット難しいかなというところなので、条件に合うような商品があればすぐにご紹介したいなと思います。