底地の整理はやはり手間暇が非常にかかります

底地の整理はやはり手間暇が非常にかかります

最近は個別相談の件数が増えてきました
CFネッツの山口です。

d87d3cea8937287dc263570884432017_s

おかげ様で大阪支社も個別相談の件数が最近は多く、色々と多岐に渡る内容のご相談をいただきます。

これから不動産を始めたい、次の展開はどうすればいいか、相続についてなどなど、相談内容は皆さん千差万別。

直ぐに対応できるものから、時間と根気がかかるものまで本当に多岐に渡ります。

多くの人は、不動産投資は普通の人には関係ないと思っているかもしれませんが、サラリーマンをしていたのに、相続で突然地主になってどうしたらいいものかといった相談もあります。

地主さんと言えば、たくさん土地を持っていて、家賃や駐車場代の収入があるのでうらやましいと思われるかもしれませんが、地主さんには地主さんの悩みがあります。

一番多いのは、底地の問題ですね。

底地とは、地主さんが借地として貸している土地で借主には借地権という権利があります。

借地の上に家を建てて住んでいることが多いのですが、その場合、地主さんが土地を返して欲しくても
余程のことがないと返してもらえません。

それだけ借地権というのは強い権利なんですね。

しかも、ほとんどの場合が借地代が非常に安いので、住んでいる人が「簡単には返さないよ」という気持ちになるのもわかります。

先祖代々の付き合いだと言いにくい場合も多く、更に、地主さんは土地の名士でもあり、あまり無茶な追い出しをすることも出来ないという事情なんかもあります。

底地がなぜ問題かというと、流動性が少ないので土地としての価値が低い、相続税上の減額要因にならないといった点が挙げられます。

そして、問題となる場合は、細かい土地を多く貸している場合ですね。

こうなると土地が売れずに整理できず、相続するごとに所有者が増えるなどして権利関係も複雑に。

底地の処理は、借地人に底地を売却する、借地人から底地を買い取る、借地権と底地を交換する、底地と借地権を共同売買する、地主と借地人が協力して等価交換を行うなど色々と方法があります。

我々が間に入ってお手伝いさせてもらうこともありますが、人間関係が大きく影響する部分もあり、それぞれの状況も違うので、地主さんに動いてもらわないといけないことが多くなります。

誰かが頑張ってやらないといけないのですが、皆さんどうしても後回しに。

後継者の為に底地は整理しておきたいですね。

どんなことでもご対応させていただきますので、お気軽にご相談ください!


不動産ランキング